ゲスト OS の swap 対策(2)

物理メモリを大量に搭載しているのに、パフォーマンスが

低下する事があるので、原因を調査すると、ゲストOS(Linux)が

swap を使用する事があるので、swap を使用しようしないように

Apache の設定を変更した時のメモ書きです。

Apacheの設定

①.00-mpm.conf を編集

vi /etc/apache2/conf.modules.d/00-mpm.conf

変更前

StartServers         2
MaxClients         1000
MinSpareThreads     25
MaxSpareThreads     75
ThreadsPerChild     25
MaxRequestsPerChild 2000

変更後

ServerLimit            40
StartServers           5
MinSpareThreads        25
MaxSpareThreads        75
MaxRequestWorkers      1000
ThreadsPerChild        25
MaxConnectionsPerChild 2000

MaxConnectionsPerChild を設定する事で

設定した値の子のプロセス数が起動した時に

自動的に、プロセスを終了させる事で

メモリリークの発生を抑える事が

出来るらしいので設定してみました

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

賢威

電脳卸

天気予報


-天気予報コム-

お奨め情報

COUNTER

合計:80360
本日:16
昨日:28
訪問者:0

このページの先頭へ