mariadb-10.1.16-1vl7.src.rpm リビルド

Vine Linux 6.5 に導入している MySQL 5.1.73  が古いので

MariaDB 10.1.16 にアップデートする事にしました

また、アップデートするにはリビルドする必要がある事と

リビルドの順番があるので気を付ける必要がありました

早速、以下の順番でリビルドを実行しました。

 

1.libarchive-3.2.0-1vl7.src.rpm

①.リビルドに必要なソフトをインストールします。

apt-get install libacl-devel libattr-devel

②.libarchive-3.2.0-1vl7.src.rpm 入手

libarchive-3.2.0-1vl7.src.rpm をダウンロードします。

wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Vine/VineSeed/pool/libarchive-3.2.0-1vl7.src.rpm

③.rpm -rebuild libarchive-3.2.0-1vl7.src.rpm

リビルドを実行します。

④.パッケージが作成されます。

libarchive-3.2.0-1vl6.x86_64.rpm
libarchive-devel-3.2.0-1vl6.x86_64.rpm

⑤.rpm -Uvh *

全てのパッケージソフトをインストールします。

 

2.jsoncpp-0.7.1-2vl7.src.rpm

①.リビルドに必要なソフトをインストールします。

apt-get install scons doxygen graphviz

②.jsoncpp-0.7.1-2vl7.src.rpm 入手

jsoncpp-0.7.1-2vl7.src.rpm をダウンロードします。

wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Vine/VineSeed/pool/jsoncpp-0.7.1-2vl7.src.rpm

③.rpm -rebuild jsoncpp-0.7.1-2vl7.src.rpm

リビルドを実行します。

④.パッケージが作成されます。

jsoncpp-0.7.1-2vl6.x86_64.rpm
jsoncpp-devel-0.7.1-2vl6.x86_64.rpm

⑤.rpm -ivh *

全てのパッケージソフトをインストールします。

 

3.cmake-3.5.2-2vl7.src.rpm

①.リビルドに必要なソフトをインストールします。

apt-get install gcc-gfortran libarchive-devel xz-devel qt4-devel desktop-file-utils

以下のパッケージ類が導入されました。

mesa-libGLU-7.11.2-3vl6.x86_64
libXv-1.0.6-2vl6.x86_64
lcms-1.19-1vl6.x86_64
libmng-1.0.10-4vl6.x86_64
qt4-4.7.2-11vl6.x86_64
libarchive-2.8.4-6vl6.x86_64
desktop-file-utils-0.17-2vl6.x86_64
libXrender-devel-0.9.6-3vl6.x86_64
libICE-devel-1.0.7-1vl6.x86_64
libSM-devel-1.2.0-1vl6.x86_64
libXt-devel-1.1.1-2vl6.x86_64
libXft-devel-2.2.0-1vl6.x86_64
libXrandr-devel-1.3.1-3vl6.x86_64
libXv-devel-1.0.6-2vl6.x86_64
mesa-libGLU-devel-7.11.2-3vl6.x86_64
libXinerama-devel-1.1.1-2vl6.x86_64
libXi-devel-1.4.2-2vl6.x86_64
libXcursor-devel-1.1.11-2vl6.x86_64
qt4-devel-4.7.2-11vl6.x86_64
libarchive-devel-2.8.4-6vl6.x86_64
xz-devel-5.0.2-1vl6.x86_64
libgfortran-4.9.3-2vl6.x86_64
gcc-gfortran-4.9.3-2vl6.x86_64

②.cmake-3.5.2-2vl7.src.rpm 入手

cmake-3.5.2-2vl7.src.rpm をダウンロードします。

wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Vine/VineSeed/pool/cmake-3.5.2-2vl7.src.rpm

③.rpm -rebuild cmake-3.5.2-2vl7.src.rpm

リビルドを実行します。

④.パッケージが作成されます。

cmake-3.5.2-2vl6.x86_64.rpm

⑤.rpm -Uvh cmake-3.5.2-2vl6.x86_64.rpm

cmake-3.5.2-2vl6.x86_64.rpm を導入します。

 

4.libmysqlclient-10.1.16-1vl7.src.rpm

①.リビルドに必要なソフトをインストールします。

apt-get install libevent-devel

②.libmysqlclient-10.1.16-1vl7.src.rpm 入手

libmysqlclient-10.1.16-1vl7.src.rpm をダウンロードします。

wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Vine/VineSeed/pool/libmysqlclient-10.1.16-1vl7.src.rpm

③.rpm -rebuild libmysqlclient-10.1.16-1vl7.src.rpm

リビルドを実行します。

④.パッケージが作成されます。

libmysqlclient18-10.1.16-1vl6.x86_64.rpm
libmysqlclient-devel-10.1.16-1vl6.x86_64.rpm
mariadb-common-10.1.16-1vl6.x86_64.rpm

mariadb-common-10.1.16-1vl6.x86_64.rpm は

MariaDB を導入する時に必要になります。

 

5.mariadb-10.1.16-1vl7.src.rpm

①.リビルドに必要なソフトをインストールします。

apt-get install mecab-devel

②.mariadb-10.1.16-1vl7.src.rpm 入手

mariadb-10.1.16-1vl7.src.rpm をダウンロードします。

wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Vine/VineSeed/pool/mariadb-10.1.16-1vl7.src.rpm

③.rpm -rebuild mariadb-10.1.16-1vl7.src.rpm

リビルドを実行します。

④.パッケージが作成されます。

mariadb-client-10.1.16-1vl6.x86_64.rpm
mariadb-connect-10.1.16-1vl6.x86_64.rpm
mariadb-devel-10.1.16-1vl6.x86_64.rpm
mariadb-embedded-10.1.16-1vl6.x86_64.rpm
mariadb-mroonga-10.1.16-1vl6.x86_64.rpm
mariadb-server-10.1.16-1vl6.x86_64.rpm
mariadb-static-10.1.16-1vl6.x86_64.rpm
mariadb-test-10.1.16-1vl6.x86_64.rpm
mariadb-tokudb-10.1.16-1vl6.x86_64.rpm

導入と設定については次回にします。

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

賢威

電脳卸

天気予報


-天気予報コム-

お奨め情報

COUNTER

合計:66308
本日:6
昨日:15
訪問者:0

このページの先頭へ