SQLite 3.15 導入

Vine Linux 6.5 SQLite3 は、sqlite3-3.7.5-1vl6.x86_64

導入されてましたが、パフォーマンスが悪いので

バージョンアップする事にしました。

また、バージョンアップに伴うメモ書きする事にしました

注意点

compat32-sqlite3-3.7.5-1vl6.i686.rpm が邪魔して

バージョンアップする事が出来なかったので

i686 のパッケージも作成する必要がありました。

必要条件

  1. Vine Linux 6.3(32bit版)の開発環境
  2. tcl-8.5.15-3vl7.src.rpm のリビルド
  3. sqlite3-3.8.8.2-2vl7.src.rpm の環境

リビルド作業(tcl-8.5.15-3vl7.src.rpm)

①.wget http://ftp.vinelinux.org/pub/Vine/VineSeed/SRPMS.main/tcl-8.5.15-3vl7.src.rpm

※.ソースファイルを入手します。

②.rpm -rebuild tcl-8.5.15-3vl7.src.rpm

※.リビルドの実行

③.リビルド完了

※.リビルド後のパッケージ情報

tcl-8.5.15-3vl6.x86_64.rpm
tcl-devel-8.5.15-3vl6.x86_64.rpm

④.rpm -Uvh tcl-8.5.15-3vl6.x86_64.rpm tcl-devel-8.5.15-3vl6.x86_64.rpm

※.リビルド後のパッケージ導入

リビルド作業(sqlite3)

①.wget http://ftp.vinelinux.org/pub/Vine/VineSeed/SRPMS.main/sqlite3-3.8.8.2-2vl7.src.rpm

※.ソースファイルを入手します。

②.rpm -ivh sqlite3-3.8.8.2-2vl7.src.rpm

※.sqlite3-3.8.8.2-2vl7.src.rpmを解凍します。

③.cd ~/rpm/SOURCES

※.SOURCESの場所に移動します。

④.wget https://sqlite.org/2016/sqlite-doc-3150000.zip

※.ソースファイルを入手します。

⑤.wget https://sqlite.org/2016/sqlite-src-3150000.zip

※.ソースファイルを入手します。

⑥.cd ~/rpm/SPECS

※.sqlite3-vl.specがある場所に移動します。

⑦.vi sqlite3-vl.spec

変更前

%define realver 3080802
%define docver 3080802
%define rpmver 3.8.8.2

変更後

%define realver 3150000
%define docver 3150000
%define rpmver 3.15.0.0

⑧.rpm -ba sqlite3-vl.spec >sqlite3-vl.log &

※.リビルドを開始します。

Vine Linux 6.3(32bit版)でも同じ事を実行します。

 

リビルド後

compat32-sqlite3-3.15.0.0-2vl6.i686.rpm
compat32-sqlite3-devel-3.15.0.0-2vl6.i686.rpm
lemon-3.15.0.0-2vl6.x86_64.rpm
sqlite3-3.15.0.0-2vl6.x86_64.rpm
sqlite3-devel-3.15.0.0-2vl6.x86_64.rpm
sqlite3-tcl-3.15.0.0-2vl6.x86_64.rpm

i686 は、Vine Linux 6.3(32bit版)で作る必要があるので

作成後、リビルド後の内容を導入します。

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2018年5月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

賢威

電脳卸

天気予報


-天気予報コム-

お奨め情報

COUNTER

合計:76848
本日:11
昨日:30
訪問者:0

このページの先頭へ