Vine Linux 4.1 環境構築編(1)

そろそろ玄箱を本格稼働させる為、Vine Linux 4.1 にアップグレードする必要が
あるようになりました
今回は、以前にも行った手順と今回のみに使用した手順を合わせて行うように
しました
必要事項
①.Vine Linux 3.1 からアップデートする必要があります。
②.U-boot を導入する必要があります。
③.kernelimage-2.6.20-kuroHG-uImage.tgz を導入する必要があります。
④.modules-2.6.20-kuroHG.tgz を導入する必要があります。
導入手順
①.cd /etc/apt/
②.cp sources.list sources.list_bk
③.vi sources.list
【変更前】
rpm [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 3.1/$(ARCH) main devel plus updates
rpm-src [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 3.1/$(ARCH) main devel plus updates
【変更後】
rpm [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 4.1/$(ARCH) main plus updates
rpm-src [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 4.1/$(ARCH) main plus updates
④.apt-get clean
⑤.apt-get update
⑥.apt-get -d dist-upgrade
【警告内容】
以下のパッケージは解決できない依存関係を持っています:
glibc-utils: 依存: libgd.so.2
※上記内容のエラーが表示しました
⑦.apt-get install glibc-utils libgd.so.2
glibc-utils 2.3.4-2vl3.1
glibc-common 2.3.4-2vl3.1
glibc 2.3.4-2vl3.1
gcc-cpp 3.3.6-0vl7
gd 2.0.35-0vl1

※⑥のエラーが表示した為、個別でアップデートしました。
⑧.apt-get -d dist-upgrade
glibc-utils: 依存: libgd.so.2 が表示した状態ですが
放置してアップグレードする事にしました
⑨.apt-get update
➉.apt-get install apt
※先にaptに関係するソフト類をアップグレードしました。
⑪.apt-get dist-upgrade
その後、全てのソフト類をアップグレードします
また、以下の内容がアップグレードした場合に表示した、【warning】
【symbolic link】の内容になります。
【warning】
warning: /etc/snort/snort.conf saved as /etc/snort/snort.conf.rpmsave
warning: /etc/logrotate.d/snort saved as /etc/logrotate.d/snort.rpmsave
warning: /etc/mime.types saved as /etc/mime.types.rpmsave
warning: /etc/apache2/conf/httpd.conf created as /etc/apache2/conf/httpd.conf.rpmnew
warning: /etc/php.ini saved as /etc/php.ini.rpmsave
warning: /etc/printcap created as /etc/printcap.rpmnew
warning: /etc/services created as /etc/services.rpmnew
warning: /etc/shells created as /etc/shells.rpmnew
warning: /etc/rndc.conf created as /etc/rndc.conf.rpmnew
warning: /etc/pam.d/system-auth created as /etc/pam.d/system-auth.rpmnew
warning: /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-lo saved as /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-lo.rpms
ave
warning: /etc/dovecot.conf created as /etc/dovecot.conf.rpmnew
warning: /usr/share/info/dir created as /usr/share/info/dir.rpmnew
warning: /etc/ssh/sshd_config created as /etc/ssh/sshd_config.rpmnew
warning: /etc/postfix/aliases created as /etc/postfix/aliases.rpmnew
warning: /etc/postfix/dynamicmaps.cf created as /etc/postfix/dynamicmaps.cf.rpmnew
warning: /etc/postfix/header_checks created as /etc/postfix/header_checks.rpmnew
warning: /etc/postfix/main.cf created as /etc/postfix/main.cf.rpmnew
warning: /etc/postfix/master.cf saved as /etc/postfix/master.cf.rpmsave
warning: /etc/postfix/virtual created as /etc/postfix/virtual.rpmnew
warning: /etc/proftpd.conf created as /etc/proftpd.conf.rpmnew
【symbolic link】
/sbin/ldconfig: /usr/lib/libpostfix-util.so.1 is not a symbolic link
/sbin/ldconfig: /usr/lib/libpostfix-master.so.1 is not a symbolic link
/sbin/ldconfig: /usr/lib/libpostfix-global.so.1 is not a symbolic link
/sbin/ldconfig: /usr/lib/libpostfix-dns.so.1 is not a symbolic link
⑫.apt-get clean
⑬.cd /etc/apt/
⑭.cp sources.list.rpmnew sources.list
⑮.apt-get update
⑯.apt-get upgrade
glibc-profile 2.3.4-2vl3.1
glibc-kernheaders 1:2.6.12.1-0vl2
glibc-devel 2.3.4-2vl3.1
gcc 3.3.6-0vl7
libtool 1.5.22-0vl1

※これで、全てのソフト類がアップグレード出来ました
⑰.reboot
※再起動して正常に動作している事を確認してください
注意事項
筆者の環境では正常にアップグレード出来る事を確認出来ました
ただ、特別な設定などを行っている場合は注意する必要があります。
また、筆者の手順でアップデート出来ない場合もありますので自己責任で気をつけて
行ってください

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2017年10月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

賢威

電脳卸

天気予報


-天気予報コム-

お奨め情報

COUNTER

合計:64901
本日:810
昨日:53
訪問者:0

このページの先頭へ