php5-5.5.20 マルチスレッド対応

消費メモリの事を考慮して Apache 2.2

PreforkWorker  に変更する事にしました

また、PHP5.5 マルチスレッドに対応させるための

リビルドが必要になります

早速、以下の方法でリビルドしました

①.apt-get source php5

ソースファイルを入手します。

②.rpm -ivh php5-5.5.20-1vl6.src.rpm

php5-5.5.20-1vl6.src.rpm を解凍します。

③.cd ~/rpm/SPECS

php5-vl.specがある場所に移動します。

④.vi php5-vl.spec

php5-vl.specを編集します。

変更前


Release: 1%{_dist_release}

%configure \
--cache-file=../config.cache \
--prefix=%{_prefix} \

 

変更後


Release: 2%{_dist_release}

%configure \
--cache-file=../config.cache \
--with-tsm-pthreads \
--enable-maintainer-zts \
--prefix=%{_prefix} \
--with-tsm-pthreads \
--enable-maintainer-zts \
を追加しています。

⑤.rpm -ba php5-vl.spec > php5-vl.log &

リビルドを開始します。

 

リビルド後

php5-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm
php5-apache2-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm
php5-dba-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm
php5-devel-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm
php5-fpm-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm
php5-intl-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm
php5-mcrypt-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm
php5-mysql-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm
php5-opcache-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm
php5-pcntl-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm
php5-pdo-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm
php5-pear-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm
php5-xmlrpc-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm
php5-zip-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm

php5-imap-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm
php5-pgsql-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm
php5-snmp-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm
php5-ldap-5.5.20-2vl6.x86_64.rpm

赤色部分が筆者の環境に導入した内容になります

また、PHP5.5 導入後に、以下の方法で PreforkWorker に変更しました。

/sbin/update-alternatives –config apache2

しばらく様子を見て問題無い事を確認するようにします

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2017年10月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

賢威

電脳卸

天気予報


-天気予報コム-

お奨め情報

COUNTER

合計:64004
本日:56
昨日:21
訪問者:0

このページの先頭へ