PHP高速化(ZendOpcache設定)

PHP 5.5 の表示を高速化したく設定してみました

ZendOpcache を使用する事で、オペコードキャッシュが有効になり

PHP バイトコード (opcode) キャッシュを使用して、コンパイル済みの

スクリプトのバイトコードを共有メモリに置く事で高速処理が可能になります。

早速、以下の方法で導入しました

①.apt-get install php5-opcache

php5-opcache を導入します。

②.vi /etc/php5/php.d/opcache.ini

opcache.ini を編集します。

opcache.enable=1
opcache.enable_cli=1
opcache.memory_consumption=128
opcache.interned_strings_buffer=8
opcache.max_accelerated_files=4000
opcache.revalidate_freq=60
opcache.fast_shutdown=1

 

③./etc/init.d/apache2 restart

apache を再起動します。

④.php -v

Zend OPcache を確認します。

PHP 5.5.20 (cli) (built: Dec 19 2014 04:25:52)
Copyright (c) 1997-2014 The PHP Group
Zend Engine v2.5.0, Copyright (c) 1998-2014 Zend Technologies
with Zend OPcache v7.0.4-dev, Copyright (c) 1999-2014, by Zend Technologies

 

⑤.php -i | grep “opcache”

ZendOpcacheの設定内容が確認出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2017年10月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

賢威

電脳卸

天気予報


-天気予報コム-

お奨め情報

COUNTER

合計:64901
本日:810
昨日:53
訪問者:0

このページの先頭へ