munin 2.0.8 導入

munin を使用してサーバの情報を見たく導入してみました

 

参考にさせて頂いたサイト情報

Muninのインストールと設定方法

Muninによるサーバ監視システムを構築する(CentOS 6.5)

Apacheの設定は省いています。

 

早速、以下の手順にて導入してみました

①.apt-get install munin

自動的に必要なソフトがインストールされます。

導入されたソフト類

rrdtool-1.4.7-1vl6.x86_64
perl-rrdtool-1.4.7-1vl6.x86_64
perl-Params-Validate-1.00-1vl6.x86_64
perl-Socket6-0.23-2vl6.x86_64
libruby-1.8.7.374-2vl6.x86_64
ruby-1.8.7.374-2vl6.x86_64
perl-List-MoreUtils-0.33-1vl6.x86_64
perl-YAML-Syck-1.17-1vl6.x86_64
perl-DBD-Pg-2.18.0-2vl6.x86_64
perl-Crypt-DES-2.05-2vl6.x86_64
mailx-8.1.1-36vl6.x86_64
perl-Net-SNMP-6.0.1-1vl6.noarch
perl-Date-Manip-6.31-1vl6.noarch
perl-XML-NamespaceSupport-1.09-2vl6.no
perl-Net-Server-0.99-2vl6.noarch
munin-common-2.0.8-2vl6.noarch
perl-XML-SAX-0.16-3vl6.noarch
perl-XML-LibXML-1.70-2vl6.x86_64
munin-node-2.0.8-2vl6.noarch
perl-IO-Socket-INET6-2.69-1vl6.noarch
TrueType-bitstream-vera-1.10-2vl6.noar
perl-XML-RegExp-0.03-8vl6.noarch
perl-XML-DOM-1.44-9vl6.noarch
perl-Mail-Sendmail-0.79.16-4vl6.noarch
perl-Mail-Sender-0.8.16-1vl6.noarch
perl-TimeDate-1.20-1vl6.noarch
perl-MailTools-2.07-1vl6.noarch
perl-MIME-Types-1.31-1vl6.noarch
perl-HTML-Template-2.9-3vl6.noarch
perl-File-Copy-Recursive-0.38-1vl6.x86
perl-Email-Date-Format-1.002-1vl6.noar
perl-MIME-Lite-3.028-1vl6.noarch
perl-Log-Dispatch-2.29-1vl6.noarch
perl-Log-Dispatch-FileRotate-1.19-1vl6
perl-Log-Log4perl-1.35-1vl6.x86_64
munin-2.0.8-2vl6.noarch

③.cd /etc/munin/

munin の設定ファイルが格納場所に移動します。

④.vi munin.conf

munin.conf の設定ファイルを変更します。

設定内容

htmldir /web/munin
logdir  /var/log/munin
rundir  /var/run/munin

[Vine]
address 192.168.0.10
use_node_name yes

コメントアウト部分

[localhost]
address 127.0.0.1
use_node_name yes

#コメントアウトする部分です。

⑤.vi munin-node.conf

設定内容

allow ^192\.168\.0\.10$

⑥./etc/init.d/munin-node start

munin-node を起動します。

無事にグラフが表示する事を確認してください

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

賢威

電脳卸

天気予報


-天気予報コム-

お奨め情報

COUNTER

合計:82101
本日:16
昨日:158
訪問者:1

このページの先頭へ